スマホでOK!WEB完結のキャッシングなら在籍確認の電話なし

勤務先に在籍確認の電話が来ることがないモビットのWEB完結申込がとてもオススメです。「会社の保険証」と「給与明細」を用意し、「三井住友銀行」か「三菱東京UFJ銀行」の口座があることで在籍確認の電話一切なしでキャッシングすることが可能です。

 

仮に以上のいずれかの銀行口座を持ち合わせていない場合でも、プロミスで上記の書類の提出を条件に在籍確認の電話を回避することが出来ますが、電話窓口や無人契約機でその旨を伝えるのは中々面倒です。口座の取得は簡単に出来るので、モビットのWEB完結申込を使って簡単確実に電話での在籍確認を回避しキャッシングしたいですね。

 

モビット


実質年率 限度額 スピード 無利息融資
3.0%〜18.0% 1〜800万円 最短30分 なし

 

WEBのみで本当にモビットのWEB完結申込が出来るのか?

本当にWEBのみで完結できるか心配と思いますが、実際にモビットからこちらに来る連絡は「携帯電話が本当に持ち主であるかの電話確認」だけです。他の要件での電話、郵送などの連絡は一切ありません。

 

勿論、こちらから店舗へ行く必要もありませんよ。本当にWEBだけで完結してしまう便利なキャッシングを実現するにはモビットが一番です。

 

実際の申し込みは具体的にどうすればよいのか?

モビットの公式WEBサイトから申し込み可能です。方法は他のキャッシング会社同様に、WEB上で必要な事柄を記載して申し込みます。「会社の保険証」、「給与明細」や上記いずれかの銀行口座の情報を送るのも勿論、誰とも対面することなくWEB上で行います。この徹底ぶりからも在籍確認の電話は一切なしという根拠がありますよね。

 

10秒で仮審査結果が提示される

モビットは膨大なコストをかけて高性能なコンピューターを使用しています。処理能力が高いだけでなく、モビットのコンピューターは非常に多くの利用者に常に対応させている為、審査の申し込みをしてから10秒で仮審査の結果を知ることが出来ます。しかもこの結果は本審査同様の信憑性があるので安心です。このように、わずか数秒で仮審査の結果を知ることが出来るというのもモビットの強みですね。

 

仮審査と本審査の結果内容は違う

本審査同様の確実性があるとは言っても、まだ仮審査の段階です。内容によっては本審査と結果が違うこともありえます。その理由は、個人信用情報の有無です。仮審査の段階ではまだ個人信用情報の審査はありませんが、本審査ではそれも見られます。その上、個人の細かいコンピューターでは判断出来ないような項目まで人間によって審査されます。それによって、仮審査に通っても本審査で弾かれる場合もあるということです。裏を返せば、仮審査に落ちても人間から見たときにOKなら本審査に通ることも考えられるということなので、例え仮審査の結果が悪くても諦めてはダメですね。

 

在籍確認の回避はモビット以外の機関でも可能なのか?

 

前述したように、プロミスへ申し込んでも在籍確認を回避することは可能です。しかし、その分在籍確認の電話の拒否をプロミスへ伝えなければいけないです。モビットのようにWEB上での書類提出のみでは行えない為、電話や無人契約機を通してその旨を伝える必要があるんですね。

 

しかし、プロミスには指定の銀行口座を用意する手間が省ける利点かあるのは事実です。人によりけりですが、銀行口座の開設が面倒な人はこちらを利用するのも手ですね。

 

アコムは必ず電話での在籍確認がある

アコムに至っては必ず電話での在籍確認があると言っていいでしょう。というのも、アコムは在籍確認に重点を置いていて、在籍確認に失敗した場合は限度額が自動的に10万円以下になり、在籍確認が済んだら再び増額という手順を踏んでいます。

 

これは電話確認での在籍確認を避けたい人にとっては非常に重要な問題ですが、アコムは最低でも一回、さらに確認のための一回と在籍確認の電話をしてくるということですね。電話確認を何としてでも避けたいという人はモビットやプロミスを選択した方が無難でしょう。

 

モビット、プロミス以外にも電話での在籍確認の回避ができるキャッシングがある?

「バンクイット」という三菱東京UFJ銀行のカードローンも在籍確認の電話を回避できる条件があります。電話連絡が困難な休日や夜間などに申し込みを行えばそれが可能というわけです。

 

また、これは飽くまで噂で、三菱東京UFJ銀行がそう明記しているわけではないのですが、無人契約機での申し込みや、借入希望額が少ない場合についても在籍確認を回避できると言うらしいですが、どこまで本当か不明です。

 

条件によっては楽天銀行も在籍確認の電話を回避出来る?

これも飽くまで口コミ情報ですが、条件によっては楽天銀行スーパーローンも借入希望額が少額の場合(30万円以下)において、電話での在籍確認を回避することができるらしいです。しかし、絶対というわけではありません。というのも、申し込みする利用者の収入や条件に極めて依存する為です。

 

いくら借入額が30万円以下だったとしても、利用者の収入が低かったり、条件が悪かったりすると在籍確認の電話は避けられないでしょう。楽天銀行スーパーローンでの借り入れは、絶対電話確認が無いと思い込まずに、自分の条件と照らし合わせて電話確認があるかどうかの可能性を常に考えることが大事ですね。

在籍確認の必要性

金融機関でお金を借りる時は審査を絶対に受けなければなりません。住宅ローン等であれば審査に何日もかかりますが、自動車ローンなどは店頭で待っている間に実は審査に素早くかけているので、気づかないうちに終わっている事もあるほどです。

 

キャッシングでもこの審査はもちろん行います。この時に行われる在籍確認というものがありますが、これは勤務先に在籍をしているかどうか、本当に勤務している実態があるのか等を確認するためには必要不可欠な事です。キャッシング会社もお金を貸すからには、その後返済をしてもらわなければなりません。

 

返済をするためには毎月生活しながら返済をできるだけの収入がなければなりませんから、もしも申し込みの時に虚偽の申告をしていて、収入がないのにあるかのように装っていたりすれば、返済する事ができませんので困ります。

 

在籍確認の方法は?

ではどうやって在籍確認をするのだろうかと不安になる人もいるかもしれません。キャッシングをしているという事を、他の人に知られる事には躊躇してしまう人も少なくありません。消費者金融でも審査では在籍確認を必ず行いますが、勤務先に電話をかける時にはその消費者金融の社名を名乗る事は絶対にありません。

 

あくまでも個人の電話かのようにして連絡をしてくるので、電話を取った会社側も個人間の電話か何かと思うような雰囲気になる事でしょう。仕事の件で外からの電話が個人あてによくかかってくるような会社であれば、多くの電話の中に埋もれてしまうので全く気付かれないで簡単に済んでしまう事がほとんどでしょう。

 

内容は○○さんはいらっしゃいますかという感じのシンプルなもので、まして用件などは言いませんし、不在時には今いませんといった内容の返事であれば、折り返しの電話を求める事もなくそれで在籍確認は終了です。ただし、その電話が怪しまれてしまい、そのような者はこの会社にはおりませんといった趣旨の返答をしていた場合には確認とはなりません。

 

万一そのような事になった場合には、その他の書類等で在籍している事実を証明する必要があります。ですがそれでも慌てる必要はありません。源泉徴収票や保険証、給与明細書など、収入証明書は通常提出が必須ではありませんが、在籍確認が電話で取れなかった場合にはそれらの書類が役に立つ場合があるのです。

 

消費者金融であればそのような融通が多少ききますので、改めて相談してみる事をおすすめします。ちなみに銀行でもキャッシングは扱っており、審査も行いますが、在籍確認は電話で行いますし、銀行名を名乗ります。キャッシングの審査である事はもちろん言いませんし、個人的な事に関する話などなく、消費者金融と同様に簡単な確認だけで終わります。ただし銀行名を名乗るので、何かの借金の審査である事は会社にもわかる可能性が高いでしょう。

 

まとめ

借金をするためには、どうしても返済能力の有無を証明しなければなりません。在籍確認自体はそれほど珍しい事ではありませんので、あまり心配しなくても大丈夫でしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日