キャッシングの選択には、無利息期間の有無が関係する

銀行カードローンは少額利用には適さないと思われていますが、消費者金融と同様に銀行カードローンでは数万円から借入できます。さらに少額の利用であれば、銀行カードローンでも即日融資できる場合もあります。少額利用では金利差が表れないため、銀行カードローンと消費者金融では大きな違いが生じないように思われます。

 

しかし専業主婦は総量規制の関係で銀行カードローンしか利用できず、消費者金融では銀行カードローンにはない独自サービスが提供されています。そこで少額のキャッシングをする際には、銀行カードローンと消費者金融の一長一短を抑えておく必要があります。

 

銀行カードローンでも即日融資は可能である

一般に即日融資は消費者金融でないとできないと思われていますが、銀行カードローンでも即日融資ができる場合があります。

 

希望融資額が100万円を超えるケースでは審査に時間を要しますが、30万円程度であれば審査に問題がない限り即日融資を受けられるのです。

 

少額であれば、簡単に借入可能

数万円程度の融資を希望する場合には、融資限度額が10万円ということになります。申込者が自営業やフリーターなど雇用や収入に問題がある場合だと審査に時間が掛かる場合もありますが、会社員で勤続年数が数年を超えているのであれば、迅速な審査が行なわれ、その日のうちに融資が決定されます。

 

専業主婦は銀行カードローンしか利用できない

また専業主婦がキャッシングに申し込む際には、消費者金融を利用することができません。貸金業者の貸付を利用者の年収の1/3に縛るという総量規制の関係で、年収のない専業主婦は消費者金融を利用できないのです。そこで専業主婦が利用できるのは、総量規制に関係ない銀行カードローンだけとなります。

 

専業主婦が銀行カードローンに申し込む際には、配偶者の同意書が求められることがあるため、申し込み手続きが煩雑となります。専業主婦が即日融資を希望する際には、特別に書類を揃える必要もあるため注意が必要となります。

銀行カードローンの即日融資を受けるには、午前中に申し込む

消費者金融は審査が迅速で借入手段もたくさん用意されているため、午後に申し込んでも即日融資が受けられます。しかし銀行カードローンでは消費者金融のように迅速に対応してもらえません。銀行カードローンで即日融資を受けるには、午前中に申し込む必要があるのです。

 

銀行カードローンに時間がかかる理由

一般に、消費者金融よりも銀行カードローンのほうが審査に時間がかかります。消費者金融では30分で審査が終了する場合も多いのに対し、銀行カードローンでは1時間程度の時間がかかるのが通常です。

 

また消費者金融はATMや提携ATMを多く設置していて、借入金の引き出し手段が豊富ですが、銀行カードローンでは消費者金融ほどATMを設置できていません。そこで借入金の入手手段が限られている銀行カードローンでは、利用できる時間が限られる傾向が強くなっているのです。

 

夜間の申し込みでも即日融資可能な銀行カードローン

多くの銀行カードローンで即日融資を受けるには午前中に申し込むことが必要となりますが、例外的に三菱東京UFJ銀行は無人契約機を利用すれば、夜間の申し込んでも即日融資を受けられます。さらに三井住友銀行のローン契約機も夜間や祝日にも審査を受け付けています。

 

これら銀行カードローンの契約機は消費者金融の無人契約機とほぼ同様の機能を持つものです。それぞれ平日の営業は午後8時までとなっているため、夜でも融資の申込は可能です。借入金は銀行の口座に振り込まれることになりますが、夜間は銀行が営業終了しています。そこで即日融資された借入金を利用するためには、銀行のネット口座を開設しておくこと必須になります。

 

消費者金融には無利息期間が設けられている

消費者金融は、新規利用者向けのキャンペーンとして、無利息期間を設けている場合があります。キャッシングを利用する場合には、この無利息期間を考慮に入れる必要もあります。

 

返済負担を減らす、無利息期間のあるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

少額、短期間の利用であれば、消費者金融が有利となる

専業主婦は消費者金融を利用することができません。しかしそれ以外の新規利用者で、少額、短期間の利用を前提にすると、消費者金融の方が有利となる場合があります。

 

消費者金融の「無利息期間」

消費者金融では新規利用者獲得のために、「無利息期間」を設けるキャンペーンを行っています。これは新規利用者の一定額に対する、最初の月の利息を無料にするというものです。この無利息キャンペーンを受ければ、融資を受けて30日以内に完済すれば、利息がかからないということになります。

 

プロミス、レイク、アコムを利用すれば、30日間無利息となる

この無利息キャンペーンを行っているのは、プロミス、レイク、アコムの3社となります。特にレイクでは「5万円まで180日間無利息」となっています。これらの消費者金融を利用すれば、期間内に返済をしなくても、一定期間の利息がかからないため、利息負担が軽減されることになります。

 

たとえ実際の金利が銀行カードローンの方が安くても、この無利息期間を考慮に入れると、実際の支払利息は消費者金融の方が低額になるということがあり得るのです。そこでカードローンを初めて利用する場合には、この無利息期間のことを考慮に入れて金融機関の選択をおこなうことが大切となります。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日