審査で落ちてしまう原因とは?

キャッシングの審査で落ちてしまった場合、もちろんそれなりの理由があります。その原因について見ていきたいと思います。

 

お試し審査で合否をチェック!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

借り入れ希望額に対して収入が少ない

借り入れをしたい金額と比べて収入が少ないと判断されてしまった場合、審査を通るのは難しいです。まず総量規制という、年収の1/3を超える借り入れはできないという規制があります。これを超えるような借り入れはできません。またそれ以内の額であってもキャッシング会社の判断で落とされることがあります。

 

この場合、他の要素が絡んでいる場合が多いです。例えば現在の職場にまだあまり在籍していないような場合です。この勤務期間は安定して収入が得られているかの判断に使われることが多く、多少収入が少なくても勤務期間が長い方が審査を通りやすくなることもあります。

 

この場合は借り入れ希望額を減らすことで審査を通る可能性があります。また借り入れ希望額より下の限度額を設定され、この金額であれば融資が可能だと言われるケースもあります。この場合はその限度額で問題が無ければ借りておいた方がいいでしょう。キャッシングの審査はどの会社でも同じような仕組みで行っていますので、どのキャッシング会社でもそれ以上の金額の借り入れは難しい状態の可能性が高いからです。

 

他社から借り入れがある

既に他社からの借り入れがある場合、その件数や総額によって審査に落とされてしまう場合があります。総量規制があるので総額はもちろんですが、むしろ問題は借り入れ件数の方にあります。数社から借り入れを行っている場合、多重債務と呼ばれる状態に陥っている可能性があります。そのような人にはお金を貸しても返済してくれる可能性が低いと思われてしまいます。

 

また同じ借り入れ額でも、数社から借り入れているより1社から大きく借り入れている方が審査を通りやすくなります。もちろんきちんと返済が行われていることが条件ですが、キャッシング会社は長期間借り入れをしていて、その間きちんと返済をしている人は信用ができると判断します。

 

更なる借り入れが必要になった場合は、できるだけ同じキャッシング会社に年収証明書を提出して増額という形で借り入れを行った方が今後のことを考えた場合に有利になると言えます。この年収証明書の提出により、提出をしない場合より借り入れを行える額が大きくなります。その他の要素も絡みますが、最大で年収の1/3までの借り入れが可能になります。年収証明書なしでの借り入れは最大で50万円までです。

 

信用情報に問題がある

過去にキャシングの返済で遅延があった場合やクレジットカードを利用した分の支払いを遅らせてしまったようなことがあった場合、それらが原因で審査を通らないことがあります。また最近では携帯電話やスマートフォンの購入時にその代金を分割して払う契約がありますが、この分割の支払いを怠ったような場合も同様です。

 

キャッシングや分割払いの支払いは全てチェックされており、これらの情報は個人信用機関に記録として残っています。キャッシングの審査では必ずこの信用情報をチェックしますので、そのような問題を起こしたことがある人は当然ですが不利になります。ですが1回や2回支払いの遅延しただけでそれほど信用情報が悪くなることもありません。大きな事故さえ起こさなければそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

また過剰債務に陥り、債務整理を行ったことがある場合も同様に信用情報に記録が残っていますので、審査を通るのは難しいです。この信用情報は原則的に5年間保持されます。債務整理も同様で、中でも自己破産を行った場合は10年は保持されるようになっていますので、この期間の借り入れは難しいと思ってください。

 

長期的な借り入れを行っていると有利になる

これは上でも挙げましたが、長期的に利用や返済を続けている人は信用があると判断されます。きちんと支払いを続けていることが条件ですが、実は全く初めて借り入れを行う人より信用される傾向があります。初めての借り入れを行う人は当然他からの借り入れはありませんが、返済をしたこともないので、きちんと返済してくれるかどうか分かりません。

 

その点、既に長期間利用している人は返済も長期間続けているので、信用できるということになります。ですが借り入れ額が大きい場合は有利にも働きませんので難しいところです。既に大きな借り入れがある場合、初めての方が審査に通りやすくなることもあります。

 

キャッシングの審査で落とされてしまう原因はこのようにいくつかありますので、もし落ちてしまった場合はどこで引っ掛かってしまったのかを考えてみましょう。そこを改善することで、次の申し込みでは通るかも知れません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日