審査に落ちる理由は信用情報かもしれない

キャッシングを利用するためには審査が必ずありますが、仕事をしていればかならず通過できるわけではありません。もちろん仕事をしていなければ審査に通過する事は難しいのですが、それ以外にも審査に落ちる理由はいくつも考えられます。

 

例えば仕事をしているものの収入が少なく借入額が大きい場合には審査に通りません。また、勤続年数が短いため審査に落ちる場合もあります。その他にも信用情報に傷があるなどの理由も考えられます。通常は普通に仕事をしていれば借入ができないほどに収入が少ないという事は希でしょう。

 

そのため大抵の場合は最後に挙げた信用情報が問題となっているようです。審査に落ちた場合は信用情報に事故情報が記載されていないかという部分を疑うべきでしょう。信用情報に記載されている情報には自己破産などの債務整理はもちろんのこと、返済の遅延・延滞などの情報も記載されています。

 

お試し審査で合否をチェック!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

短期間の滞納でも記載される可能性がある

信用情報の遅延記録は基本的には61日から記載されるとされています。確かにこれが基準となっているようですが、これよりも短い日数で記載される場合もあります。内容が悪質である場合は基準の日数未満でも事故として記載されるのです。

 

例えば遅延の回数が多かったり返済が遅れる際に事前の連絡がない場合などが挙げられます。また延滞している金額が大きい場合なども対象となるようです。もちろんこれ以外にも悪質であると判断されれば事故情報として記載されます。61日というのはあくまでも目安ですから信用情報に傷をつけないためには返済をきっちりと済ませる必要があります。

 

携帯電話の分割支払いも対象に

あまり知られていませんが携帯電話の本体代金を分割払いにしている場合にも注意が必要です。本体の分割は月々の利用に上乗せで支払う形なので意識していないかもしれませんが、実際にはクレジットカードを利用して買い物したのとほとんど変わりません。

 

分割払いにしておいて携帯電話の利用料金の支払いが滞ってしまうと返済が遅れたとみなされて信用情報に記載されてしまうのです。そのためしっかりと支払いを送れずに行う必要があります。またテレビショッピングの分割払いなども同様の扱いになります。必ず支払いは遅れないように注意しておきましょう。

 

借入希望額によって審査の判断基準が変わってくる

単純な話ではありますが、業者としては貸したお金は返済してもらわないと困ります。そのため借入の希望額が大きい場合は審査が厳しくなってきます。当たり前ですが収入が少ないのにも関わらず大金を借りようとしても業者は貸してはくれません。

 

収入が多いと判断されるか少ないと判断されるかは借入の希望額によって異なってきます。同時に収入だけでなく仕事の安定度も考慮されるようです。特に借入の希望額が大きくなればなるほど安定した職業である方が融資を受けやすくなります。

 

自営業やフリーターなどは安定性が低いと考えられるため融資条件が厳しくなります。借入希望額が大きい場合は収入に応じて小さい金額での契約を提案してくる業者もありますが、必ずしもそういった提案があるとは限りません。収入に対して借入希望額が極端に大きい場合はそのまま審査を落とす業者もあります。

 

少額での借入を提案してくれるかどうかは業者によって異なりますし、どちらのタイプの業者が多いかというデータはありません。こうした審査の落とす基準というのは業者によってまちまちなのが現状です。審査基準を明確に発表している業者はありませんから予想するしかありませんが、基本的に確実に借入したいのであれば必要最低限の金額で借入の申し込みをすると良いでしょう。そもそも必要以上にお金を借りる意味がありませんから最低限だけ借りるようにするのが良いでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日