運転免許証だけで安心せず、きちんと事前に調べましょう

キャッシングサービスを利用するためには身分証明書が必要になります。これは運転免許証があれば確実ですが他のもので代用することも可能です。

 

しかし、特定の条件においては通常は必要ないはずの収入証明書などの提出を求められる場合があります。ここではそういった条件も含めてキャッシング利用時の必要書類についてまとめていきます。

 

借入金額が一定を超える場合には収入証明書が必要

キャッシングの申し込みに必要なのは身分証明書だけで、通常は収入証明書は必要ありません。ただし貸金業法によって一社からの借入金額が50万円を超える場合や、複数社からの借入金額の合計が100万円を超える場合などには収入証明書の提出が義務付けられています。

 

またカードローン利用でもキャッシングより上限は高いものの借入金額が一定額を超える場合には収入証明書が必要とされます。カードローンの上限は各消費者金融会社、銀行によって異なっているので利用する際には事前によく確認することが大切です。

 

多くの銀行系カードローンは300万円を上限に設定していますが、三菱東京UFJ銀行は100万円、みずほ銀行は200万円を超えるカードローン利用から収入証明書の提出を求めていますので注意しましょう。このようにキャッシングであれば50万円、カードローンなら基本300万円までの利用であれば身分証明書だけで利用できるのですが、実はここにも例外があります。

 

自営業者や法人経営者、または農業漁業などの第一次産業従事者においては収入が不安定な職業であると見なされてたとえ規定金額以下の借入であっても収入の証明をしなければならないのです。これはフリーランスの個人事業主や当然フリーターであっても同様です。

 

収入が不安定とされる職業の人が使える収入証明書

使用可能な収入証明書の代表的なものは以下の通りになります。確定申告書・納税証明書・所得証明書・課税通知書・住民税決定通知書他にも使用可能な書類はありますが、上記のものは比較的入手が簡単なので準備しやすいでしょう。

 

ただし所得証明書は必ず役所が発行した一年分の源泉徴収をまとめた所得証明書でなければなりません。ちなみに独立系の職業であると大量の源泉徴収票を整理しなければならないので、この所得証明書は使いこなすと便利です。

 

自身が無収入である専業主婦がキャッシングを利用するには

そもそも自分自身に収入のない専業主婦であってもキャッシングやカードローンを利用することは可能です。しかし普通の申し込みとは違ったいくつかの書類を用意する必要があります。

 

必要なのは自分の身分証明書と住民票、そして配偶者の同意書

専業主婦がキャッシングを利用する場合、返済は当然配偶者の収入から充てられるので配偶者の存在とその同意が重要になります。住民票は婚姻関係を確認するために必要となりますし、配偶者の同意書も別に用意することになります。

 

婚姻関係の証明は住民票以外でも可能

戸籍謄本、戸籍抄本でも婚姻関係を証明することができます。しかし住民票の方が取得が楽ですし使い勝手もいいので、無理にそれらの書類を用意することはありません。

 

事実婚にも証明書は存在する

あまり知られていませんが事実婚にもそれを証明する書類が存在します。事実婚契約書や内縁契約書と呼ばれるものですが、これらも役所で入手することができます。そして住民票の続柄に「夫(未届)」のように未届表記がある場合は事実婚であってもそのまま住民票が使用できます。

 

配偶者の同意書とはどんなものか

配偶者同意書については各消費者金融会社や銀行側が公式サイト上などに見本を用意している場合があります。見本があればそれを印刷して使用するのが確実でしょう。自作しても大丈夫ですが、必要な要項を満たしているかどうかの確認が難しいのでできたら他の会社のものでもいいので同意書の見本を探してから、それを元にして制作しましょう。

 

あまり適当な作りの同意書であるとそもそも審査を通過しない可能性が高くなります。特に即日融資を受けたいのであれば配偶者の同意書に関しては最新の注意を払って作成しておくべきでしょう。

 

銀行カードローンには同意書不要のものもある

カードローン利用において配偶者の同意書は必須というわけではありません。同意書なしで利用可能なカードローンは意外と多く、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行といった大手のカードローンも配偶者の同意書は不要となっています。

 

同意書が不要であると申し込みの手間も軽減され審査の期間も短くなり、何より秘密も守りやすくなります。専業主婦で即日の融資を迅速に受けたいのであれば、まずは配偶者同意書不要のカードローンを試してみるのが賢明でしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日