金利面以外でのおまとめローンを利用することの利点とは?

おまとめローンを利用することで金利を低くすることが可能ですが、低くなる度合というのは、現在キャッシングしている金額によって決まります。キャッシングしている金額の合計が100万円程になる場合は、ほぼ間違いなく低くすることが出来るでしょう。

 

例を挙げるならば、三菱東京UFJ銀行のカードローンで100万円を超える金額をキャッシングした場合、金利はおよそ11%となるわけですが、そうではなく、3、4社といった消費者金融から同じく合計100万円を超える金額をキャッシングしたとしても、金利は18%となってしまうことも考えられるのです。

 

返済負担を減らす、無利息期間のあるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

金利が18%と11%ではどれぐらい違ってくるか?

これに関しては、金額が少なければそれほどでもないかもしれませんが、100万円をキャッシングしたとなった場合、18%の金利では1ヶ月で15000円、11%の金利ではおよそ9400円となり、約6000円の差が出てきて、これが1年間となるとざっと計算しただけでも72000円の差となってしまうのです。しかし、実際は72000円とはならず、さらに大きいものと考えられます。

 

元本だけに金利がかかるわけではありません

キャッシング業界の常識として、金利は元本のみにかけられるわけではないというものがあります。キャッシングをしたことがない方ですと、元本のみにかけられると思われがちですが、実際は、元本に金利分を加えたものに金利がかけられます。

 

雪だるま式とも呼ばれるこの仕組みによって、100万円を超えるようなキャッシングとなると、金利分だけでもかなりの額となり、元本を減らすのが難しくなってきます。先ほど、72000円よりは大きくなるといったのは、この仕組みが存在しているためであって、だからこそおまとめローンを利用した方が良いということに繋がるのです。

 

キャッシングした金額や返済の状況が分かりやすくなる

金利を低く抑えられるのもおまとめローンを利用することの利点と言えますが、それ以外にもキャッシングした金額や返済の状況が分かりやすく、かつきちんとした管理がしやすくなることも利点と言えます。あらゆるところからキャッシングしてしまうと、一体自分はいくらキャッシングしていて、それに加え、返済し終わる日がきちんと分からないとなると、段々と恐くなってきて現実から目をそむけたくなってしまうかもしれません。

 

そして、そこで本当に目をそむけてしまうと、完済すること自体が難しくなってしまいます。ですが、おまとめローンを利用することによって、借金の総額が明確になるばかりか、完済日もはっきり分かるので、前向きに頑張って返済していけるようになるのです。

 

返済のための時間や、手数料を節約できる

これまでおまとめローンを利用することの利点について、お話してきましたが、もう1つ挙げるとすれば、返済のためにかかる時間や手数料を節約できることです。これは、消費者金融でキャッシングをしている方の場合、返済をコンビニエンスストアや銀行のATMで行なってしまうと、手数料が取られてしまいます。

 

1社のみだとそれほど大きくはないとはいえ、3社、4社の返済を行うとなると手数料だけでも結構な金額となり、それを避けようと消費者金融のATMを利用するとなると、手数料が取られない代わりに手間や時間を取られることになります。

時間はお金と同じぐらい大切だと思うべきである

特に複数の会社からキャッシングをしている方にこれは申し上げたいのですが、時間もお金も粗末にしてはいけません。時間さえあれば誰でもお金を手に入れられるでしょう。つまり、人は永遠と働き続ければ、誰でも多額のお金を手にすることが出来るのです。

 

ここで、先ほどの話に戻り、100円もしくは200円程度の手数料を節約するため、遠いところまで足を運び消費者金融のATMで返済を行うことを考えてみると、消費者金融のATMを利用することで確かに100円、200円程度のお金を節約出来ることになりますが、実際そこまで行く際の労力を時給換算するとマイナスになることも十分あり得ます。

 

このように言うと、コンビニエンスストア等で返済した方がよいのか?と思われるかもしれませんが、これもまた間違いであって、仮に毎月手数料が600円かかっている方であれば、1年で7200円も手数料がかかってしまうからです。1年で7200円と聞くと、それほど痛手と感じない方もいらっしゃるでしょうが、1年分を1度にまとめて返済することになって、かつ手数料も1度にまとめて取られるとすれば、感覚は変わってくるかと思われます。

 

しかし、コンビニエンスストア等のATMを利用するということは、実際にはこれと同じことなのです。ただ、1回当たりの金額が少ないためにそれが感じられないだけであり、余分なお金を払わされているともう少し自覚するべきでしょう。以上の事から、複数の会社からキャッシングをしている方が、返済をする時に要している時間や手数料といったものがいかに無駄にしてはいけないものかお分かりになったことでしょう。そして、それが分かるとおまとめローンを利用することの利点もよくはっきり見えてくるかと思われます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日