大事なのは安定収入があるかどうか

即日キャッシングと言えばだれでも簡単にお金を借りれるように思ってしまいますが、条件によっては借りにくい人がいるのも事実です。特に個人事業主の場合はその立場であるというだけで収入が不安定と見なされてしまう事もあり、融資にはより慎重になられてしまう傾向があります。

 

また、雇用されている人であっても入社してまだ日が浅い場合には安定して同じ会社から収入を得ているというわけではありませんのでやはりまだ収入が不安定と見なされる事もあるでしょう。

 

キャッシングの審査に通るのに必要な条件

キャッシングの審査は銀行などで多額の資金を借入する時の審査ほどには厳しくありません。とは言ってもやはり条件はありますので、誰でも簡単に審査に通るという事ではないのです。

 

キャッシングの利用条件としては、満20歳以上で安定収入のある人が基本です。年齢の上限は会社によって異なりますが、おおむね69歳以下となっていて、銀行カードローンの場合はもっと上限が低い事があります。

 

問題は安定した収入の部分ですが、これに関しては判断の幅が広くなっています。例えば収入を得始めてから同じ2カ月間だったとしても、個人事業主か雇用されている人かによって得られる信用度は違います。

 

個人事業主のキャッシング

一般的に個人事業主はお金が借りにくいと言われますが、営業開始から日が浅い場合にはまだまだ安定した収入とは判断しがたいという事で審査に通りにくい可能性はあります。その点雇用されている人は、わずか2カ月ぐらいの勤務実態であったとしても勤務先の安定度が信用となって審査に通過する要素になる場合もあります。

 

審査の申し込みの際には勤務先に関する事を申告しますが、どのような業種かというだけでも信用度が違い、最も安心と見なされるのが公務員となっています。勤務先が大手の安定企業で、勤続年数が長ければ長いほどそれも好材料となります。

 

個人事業主に関しては最も信用度が低くなってしまうのですが、それまでの借金の返済実績もしっかりしていて、営業年数も長く収入が安定している事がわかればもちろん信用を得て多額の融資を受ける事は十分に可能です。キャッシングの申し込みに必要となる書類は通常だと本人確認書類のみとなっていて、希望限度額などによっては収入証明書の提出が必要となりますが、個人事業主の場合は必ず確定申告書の写しが必要となります。

 

もしも既に複数年営業してきた実績があるのであれば、過去の確定申告書も同時に用意しておくとより安心して審査に臨めるかもしれません。

 

アルバイトやパートのキャッシング

アルバイトやパート収入の場合、年収がそれほど高くない事が多いのでキャッシングができるのかと心配する事もあるかもしれませんが、実は意外と利用者が多いのが現状です。キャッシングの条件は収入が多い事ではなくて、あくまでも安定した収入なので、どのような雇用条件であっても勤続年数がある程度あって、継続して一定の収入を得ているという事であれば正社員などの正規雇用の人と同様に利用する事ができます。

 

だたし、限度額はその人の返済能力に応じて決められる事になりますので、収入が少なければそれだけ限度額も低く設定されるのが普通です。キャッシングも毎月の返済日をきちんと守って利用していれば、信用を得てさらに限度額の増額する事を提案されるようになる場合もあります。融資はとにかく信用で成り立っていますので、日頃からあらゆる借金について誠実に対応しておく事がとても大切です。

 

個人事業主でもパートやアルバイトでも、キャッシングの利用はできます。キャッシングは銀行系や消費者金融、信販系など様々な業種で利用できますが、審査の基準はそれぞれです。一般的には消費者金融等の貸金業者の審査には通りやすいといわれていますので、銀行の審査に不安があるようならそのような業者に相談してみる事をおすすめします。貸金業者の中には悪質なものもあるので、業者を選ぶ際には大手の金融業者を選ぶようにしましょう。

 

パートやアルバイトにおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日