即日融資を求めるならばなおさら消費者金融を

急にお金が必要になった場合、しかも3万〜5万円程度の少額のお金が必要になったときは、断然消費者金融を利用した方がいいでしょう。特に即日融資も可能ですのでかなりの急ぎの場合であっても確実に対応することができるでしょう。

 

もちろん、現在の借入状況が悪かったり、返済履歴にトラブルがあったり、現在無職だというのであれば、消費者金融でもお金を借りるのはたとえ少額であっても難しいでしょう。しかし、それ以外ならばかなり簡単に借入することが可能です。

 

すぐに借りれるおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融を選ぶ利点

もちろん、銀行カードローンの方が低金利ですので、通常の借入をするならばそちらをオススメします。けれども、少額であればそこまで金利は多額にならないので、そのようなちまちました部分まで安くするために銀行カードローンを利用するというのはあまりオススメしません。

 

何と言っても、銀行カードローンは審査に時間がかかったり、申込み時間が短いせいで急にお金が必要になる、という状況には対応しきれないのです。それと比べると消費者金融の場合は、元旦以外ならば年末年始に営業している会社もありますし、夜間であっても休日であっても、申込み時間にさえ気を付ければ即日融資を受けられるのです。

 

ですので、急にお金が必要になった、というような今回の場合、特に3万円や5万円程度ならば本当に急に必要になることが多いので、そのようなときの融資には断然消費者金融の方に分があるのです。

 

30万円以下ならば消費者金融を利用する

消費者金融と銀行カードローンで金利に大きな差が生まれるのは、大体30万円以上の融資からです。ですので、それ以下の金額ならばすぐに借りれて手間もストレスも省ける消費者金融の場合の方がいいという場合もあります。

 

しかも、一定の金額までならば一定期間の無利息期間を設けている消費者金融もありますので、少額融資を考えているのならば、消費者金融を選ぶ方が多くのメリットを受けられることでしょう。

 

無利息期間を用意している消費者金融

プロミス、アコム、レイクはそれぞれ30日間の無利息期間を設けています。特に初回はこの無利息期間に入るので、5万円程度のお金を借りて、それをその月のうちに返済をしてしまうというだけでも、金利は一切発生しないので、かなり得をした気分になれます。もちろん、それを越してしまった場合には超えた日数分の金利は発生しますが、少額融資ならばそこまで大きな金額になることはありません。ですので、安心して借りることができます。

 

また、レイクの場合は初回の借入に対しては、180日間の無利息期間を設けてくれる制度があります。これはレイクを利用しているのならば、自動的に誰でも利用することになるのですが、5万円以内ならば、180日間の利息はゼロになります。また、5万円を超えたとしても、そのうちの5万円分の金利は半年間はゼロにしてもらえるので、金利がかなりカットされます。無利息期間を利用するのであれば、一番お得なのはおそらくレイクでしょう。

 

以上のように、消費者金融を利用する際には少額で、しかも即日融資ができ、さらに無利息期間も用意されているために、銀行カードローンと比較すると金利以外の面ではかなり得をしていることが分かるでしょう。きちんと無利息期間を活用すれば、銀行カードローンの低金利も形無しです。

 

消費者金融にあまりいいイメージを持っていない方もいらっしゃるかもしれませんが、きちんと賢く利用すれば、損をするような機構にはなっていませんし、大手消費者金融ならば下手なこともしませんから安心して利用できます。

 

消費者金融を利用できない人

ですが、消費者金融はかなり得をすると言っても、実際のところは銀行カードローンの方が気持ち的にも安心して利用できると言う方は多いでしょう。

 

また、中には消費者金融は利用できずに、銀行カードローンしか利用できない人がいます。それは専業主婦の方の場合です。専業主婦の方は自信の収入がないために、消費者金融からは門前払いを受けてしまいます。しかし、そのような方でも利用できるのが銀行カードローンです。

 

銀行カードローンは専業主婦に優しい

しかも、銀行カードローンの中には、必要書類の一部をカットして、殆ど身分証明書と配偶者との関係を証明する住民票などの書類のみを提出すればいいというのもあります。その場合には、配偶者の同意書も不必要です。つまり、夫に知られることなくキャッシングを利用できるとあって、専業主婦からしてみればかなり嬉しいことでしょう。

 

もちろん、融資額は少額になりますが、銀行カードローンですので、金利は少なくて済みます。普通のOLが消費者金融を利用して同額のキャッシングを利用するよりは、専業主婦の場合の方が得をしているということになりますね。消費者金融を利用する際には、少額融資に限ります。高額の融資を受けるならば銀行カードローンの方が得をするので、利用法は賢く、臨機応変に考えてから実行するようにしましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日